廃車費用がかからない車の処分方法|需要の高い中古車市場

車のおもちゃ

故障車でも買い取る業者

カー

パーツ取りができる故障車

事故や故障などで車を廃車にするには費用がかかります。自動車リサイクル法という法律があって、手続きに2万円ぐらいかかります。動かない車の場合は廃車工場へ運ぶまでの運搬費用もかかります。まだ動く車は中古車買取業者に持っていけば売れる可能性があります。動かない廃車でも買い取ってくれる業者があります。ネットで検索するとたくさんの業者が見つかります。無料で査定もしてくれますし、故障の程度によって意外と高く売れることもあります。なぜ廃車を買い取るのかというと、パーツを取るためです。日本の車は性能が良いので中古車は東南アジアなどへ輸出されます。故障した時の修理用にパーツが売れるのです。ですから事故車であっても、使える部品があれば買い取ってくれるのです。

ローンの残債を整理する

どのような状態の車でも買い取ってくれる業者がありますが、気をつけたいのは自動車税を支払っていない場合です。廃車にするつもりで自動車税を払い忘れているケースはかなり多いのです。そのような車は滞納している自動車税を支払ってから廃車にする必要があります。廃車にした時点で自動車税を払う義務はなくなります。同じようにローンが終わっていない車を廃車にする場合も、残金を精算する必要があります。例えばローンの支払いが終わっていないのに事故を起こして廃車にせざるを得ない場合です。このような時は車を購入したディーラーに相談して、ローンの組み替えなどをしてもらいます。中古買取業者に売ったお金をローンの支払いに充てることもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加